• 金子花央理

情熱とは一見地味なことの積み重ね



皆さんは夏、好きですか?

夏といえば、恋!情熱的なシーズン!!ですよね。


ところで

「情熱」とか「パッション」というと

なんとなく派手なイメージがあるけれど、

ホントに情熱を傾けてる時は「すごく静か」なんですよね、これが。


そう、情熱とは

実はとても地味で緻密な作業の積み重ね。

なんです。


アスリートとかオリンピック選手とか

見てると本当に分かりやすい。

普段の練習や下積みがあるから、本番にあれだけ輝ける。




ちなみに・・・

中学時代、ワタシは美術部だったんですが(ついでに高校も)、

その美術部の顧問の先生が卒業生への餞(はなむけ)に

自分たちの卒業式でドラムの演奏をしてくれたのです。

学生時代はバンドをやっていて、その腕前を披露するということになって。


その時、


「情熱っていうとなにか派手なイメージがあるかもしれへんけど、

静かにひたむきにそれに向き合うってことも情熱やと思うんやな。」


みたいなことを言っていて。


その時の先生のドラム演奏はあえて

派手なものではなかったんだけど、

ひたすら何かに取り憑かれたようにスティックを打ち続ける姿に

確かに熱い魂の叫びと情熱を感じたのを覚えてます。


それから、というかその時すでに

「情熱」=「静かに燃え続ける闘志」

みたいなイメージで

ワタシの中に植えつけられていたことは間違いなく。


まさに筋トレもそうだと思うし、

仕事や恋愛だってそう。


一朝一夕でいかないことに取り組んで

苦しいことに耐えてこそ響くものがある。


体裁だけうまく取り繕っていても

表面だけアツくて中身カラッポじゃあ、

残念!!以外のなにものでもないからね。

そうゆう人は見る人が見たら簡単に見抜けます。



熱い思いがあるからこそ

緻密で地味な作業もやってのけることができる。

それが情熱の正体。

そして意外に切なくて、優しくもある。



自分の人生もまだまだこれから。

もっとアツい女でいたいと思う今日この頃。

アツい女は、確実にいい女に近づきます。




さあ、貴方はなにに情熱を燃やしますか?