• 金子花央理

上手な歳の重ね方


周りを見ていて

上手に歳を重ねている人って案外少ないなと思う。


たいていは

歳をとると老け込んで乾ききっちゃうか、

逆にイケイケで頑張っちゃってて痛々しいか・・。


自然に素のままで大人っぽい魅力を発している人が少ない。




あの頃は良かったーーとか、

若い時はブイブイいわしてた、とか言う人は

いつまでも過去の栄光にしがみついています。

で、そうゆう人に限って

「今の若い子は・・」なんて悪態をつく。


ちなみに、以前のコラムにも書いたけど

「もう年だから」という言葉は、言えば言うほど老けます。




逆にいい年の重ね方をしたいい女やいい男は

いつも「今」を楽しんでいる。


若い世代の人に対しても

虚勢をはるわけでもなく、ましてや敵対視することもなく

学ぶ姿勢もあり、時には同調できる器の大きさがある。




いい年の重ね方をするために

定期的に意識したいのが、


◎初めましての人に会う

◎新しいことにチャレンジする

◎いつもつるんでいる友人を変えてみる

◎ひとりで行動してみる

◎いろんな世代の人と絡んでみる


などでしょうか。



どれも簡単にできることばかりだし、

自分の固定観念を外して視野が広がることばかり。

同年代と一緒にいると大概は同じ価値観ですが

プラスマイナス20歳など、年代が違う人からのほうが

案外違った視点でものを見るヒント、

もしくは今の自分を客観的に見るヒントになることも多いですよ。



ちなみに私がモットーにしているのは


錆びない

枯れない

乾かない




大人になってもみずみずしく

感性豊かな女でいるほうが断然若々しくいられるもの。




いつまでも自分の中の最新を更新し続けて

いつも「旬」の女でいましょう。