• 金子花央理

どう見られたいかじゃなくて、どう在りたいか。



人に流されて不本意な生き方をしていると、

どこかで必ず歪み(ひずみ)がやってきます。


いい人に見られたい、

いい暮らしをしてると思われたい、

自分の意見を言えずに周囲に合わせてしまう。


それって空気が読める女ではなく、

相手と正面から向き合わない女、です。

もしくは、固守淡々と自分に都合よくコトが運ぶようにする女。笑



そもそも他人にどう見られるかなんて、

自分がどうあがいたって他人が勝手に決めることだから

コントロールできないですよね?

そんなことに一喜一憂せず、自分らしくいたい。

その唯一の解決策が

「自分がどう在りたいか」を考えること。


「人からこんな風に見られる人になりたい」ではなくて、

「自分がこうありたい人でいたい」が正解。



見栄や虚栄心、女性特有のマウンティングに縛られず、

自分の軸を持って生きている女性はとっても魅力的です。


自分に正直に、自分が自分でいるために

自分が好きな自分でいるのが一番!



「こんな自分で在りたい!」と確固たる自分がある女は、

男性からとても眩しく、愛おしく見えるものですよ。